女性

社会保険労務士になりたいなら講座を受講しよう

婦人

資格に向けての勉強

社会保険労務士は企業の人に関わるエキスパートです。資格の合格率は平均で8%程度と低く、しっかりと勉強が必要です。通信講座は忙しい社会人にとっては効率よく勉強できる点でメリットがあります。また添削や質問などのサポート体制も整っている点も魅力です。

握手

比較作業をじっくり行う

社会保険労務士の通信講座を選ぶ際は比較をじっくりと実施した上で決める必要があります。中身のチェックが不十分なまま中途半端に決めてしまうと後悔してしまうからです。ですから、価格や教材、評判などの情報を集めて魅力を感じた社会保険労務士講座を選ぶべきです。

説明

通信で受講する場合

社会保険労務士試験に向けてどの通信講座を選ぶかは重要な要素です。選ぶ際のポイントとしては、受講期間の長さや受講生をサポートする内容や種類です。受講期間に関しては1年はある講座が無難です。また受講生をサポートする専門家のアドバイスが、理解を深めるために重要となります。

合格を勝ち取るため

勉強

学習がしやすい

労務関係の国家資格である社会保険労務士になるには、社会保険労務士試験に合格する必要があります。そのためには、試験合格のための学習をする必要があるのですが、多くの人は独学よりも社会保険労務士講座を選ぶ人が多いです。独学は経済的負担が最も軽いのですが、合格できるかと言えばなかなか難しいです。独学だと、テキストを選ぶのも学習計画を立てるのも全て一人でこなすことになります。そうなると、購入するテキスト量が増え、覚える情報量も増加してしまうので頭の中に入り切らないことがあります。その点、社会保険労務士講座は合格するために作られており、かつ準備されているテキストをカリキュラム通りに学習していけば自然と合格までたどり着くことができます。社会保険労務士試験に合格するために必要な情報だけをただ頭の中に入れていけば良いだけです。忙しい社会人でも、講座で学習していくことで、限られた時間を有効に使い合格まで最短で行くことも不可能ではないでしょう。また、講座では定期的に学習の進捗度チェックや添削指導などもあるので、一人で学習している孤独感に悩まされにくい利点もあります。社会保険労務士講座には、通信と通学の2つがあるのですが、通学は時間にしばられるものの仲間を作りやすく、かつ疑問点をすぐに講師に確認できるので学習していてわからなくなる心配はないでしょう。通学は、講座に申し込むと教材が送付され、基本的には独学のような学習スタイルになりますが、合格しやすいようにテキストや学習の進め方などが決まっているので、ただ学習を進めていくことで合格しやすくなるメリットがあります。通学でも通信でも社会保険労務士講座には、多くのメリットがあるので、自分の学習スタイルや時間の都合のつきやすさで決めるといいでしょう。