レディ

社会保険労務士になりたいなら講座を受講しよう

  1. ホーム
  2. 通信で受講する場合

通信で受講する場合

説明

受講期間やサポート

社会保険労務士の学習を通信講座で行う人は多いですが、その場合、講座の選択が大切になります。選択において大切な点の1つ目は、受講に必要な期間です。社会保険労務士の通信講座で規定されている受講の期間は、その講座内容が終了するまでの期間や、講座のサポートを受けられる期間のため、会社によって異なります。社会保険労務士試験の経験がない人は、最低でも1年、念入りに試験勉強をするなら1年半くらいは期間を要したほうが得策です。日々の勉強時間に支障がない範囲で、若干期間を設けて学習したほうが身に付き易いです。講座の選択で大切な2つ目の点は、受講生をサポートする内容や種類です。社会保険労務士の通信講座では、勉強をサポートするサービスがもれなく準備されています。しかし、その内容や種類は講座によって違いがあります。たまに受講生の質問には郵送でしか対応しないケースや、返答に1週間以上かかってしまう会社もあります。そのため、Webの質問フォームやメールによる質問が、最低でも3日以内に返答可能な会社を選ぶことが大切です。また専門家による添削サポートがある講座も大切です。個人では自覚しにくい弱点について、添削の結果を参考に講師がアドバイスをしてくれるサポートです。とりわけ通信講座は、勉強方法が独学に似ているため、専門家である第三者の考えをもらえることは重要です。これによっって、学習の理解度や試験への意欲にも繋がります。