レディ

社会保険労務士になりたいなら講座を受講しよう

  1. ホーム
  2. 資格に向けての勉強

資格に向けての勉強

婦人

社会保険労務士は士業の1つで、企業が発展するために重要な人に関するエキスパートです。企業の人事や労務管理に関するアドバイスや改善提案等を行います。社会保険労務士は社会保険等の書類作成業務・提出手続代行業務、そしてコンサルティング業務が仕事の柱となっています。試験の受験者は4万人〜5万人程度ですが、合格率は平均で8%程度と低く、非常に狭き門となっています。社会保険労務士の勉強方法は、独学・通信講座、スクールに通う3つの方法があります。それぞれメリットはありますが、特に通信講座を選ぶポイントは受講生のサポート体制です。スクール通う場合は直接講師からやスクール内でフォローしてもらえますが、通信の場合は時間がない社会人の場合が多く、直接講師等に確認する事が難しい状況です。よって時間を効果的に使いながら勉強できる点が最大のメリットですが、サポート体制は講座によって大きく事なります。質問回数に制限があるのか、質問方法は電話かメールかその他か、また回答までの日数はどの程度か、勉強する上では重要な点です。また添削指導やeラーニング、スクーリング制度も魅力の制度ですが、業者により異なりますので比較する事が重要です。好きな時に確認できる講義教材やテキスト教材なども見やすいかどうかも重要な要素です。可能であればサンプルを取り寄せ確認する必要があります。最後に費用です。社会保険労務士の通信講座は多くの業者が行っており、サポート内容やテキストにより差異はありますが、各種割引も考え総合的に比較する必要があります。通信講座は好きな時に勉強が可能な上、独学と違い質問や添削で疑問点を解消する事が出来ます。自分のペースで、時間を有効活用した人にとっては特にメリットがあると言えます。