自宅にあるピアノの調律を依頼しよう|業者の特徴を確認すべし

コンテンツ一覧

定期的に音合わせ

ピアノ

魅力的な音を奏でるには

音楽の基礎と身に着けるために、ピアノを習わせるという親は多く、それに伴い自宅にもピアノ購入して設置するという方がほとんどです。しかし、使っていくとだんだんと当初奏でていた音が奏でられなくなり様々な問題が出てきます。室内環境や移動させたことによっての衝撃、弾いてきた量が多ければ多いほど少しずつ音はズレてきてしまうのです。また、まったく弾いていなくても1本1本の弦の張力は時間の経過により次第に緩んできます。日本は四季があり寒暖差も激しいので何もしていなくても張力は変化し長時間張力を一定に保つことはできないのです。特にアップライトと比べるとグランドピアノは、表現力が付けやすい楽器です。正しい音に表現をつけたいのに、音がズレてしまっていてはダメです。繊細な楽器ですので、1年に1回の周期で調律が必要になります。面倒だから、忙しいからといって調律を行わないままでいると、いざ音を合わせようとなった時に費用や時間もさらにかかってしまうことになりますので、それを無駄にしないためにも調律は敵的に行う必要があるのです。ピアノの調律をお願いするには、ピアノを買ったお店や楽器店にお願いするか、近所にフリーの調律師がいるならそこにお願いする、また楽器修理専門店などでも依頼することができます。調律師は、ピアノの張力を調整し音律を保持してくれます。前回調律からそろそろ1年経過する、しばらく調律していないピアノをお持ちの方は余計な費用がかからない内に相談することです。

Copyright© 2017 自宅にあるピアノの調律を依頼しよう|業者の特徴を確認すべし All Rights Reserved.